広島で発行されている季刊誌「Grande広島」の夏季号に瀬戸内案内舎たびたすを掲載していただきました。

本が発売されたのは6月1日だったのですが、、、、
もうすでに7月終盤。(・_・;)

今さらですが、ご報告までに。
b0360823_23375446.jpg
b0360823_23382250.jpg
ゆめしま海道をご案内させていただきました。


瀬戸内に浮かぶ愛媛県上島町の生名島・佐島・弓削島の3島が2つの橋で結ばれ、ゆめしま海道と呼ばれています。

ゆめしま海道へは広島県尾道市因島から渡るのが一番速く、因島土生港から生名島立石港まで約3分の船旅で着きます。

島へ渡ると交通量もほとんどなく、信号機もひとつもありません。
島も静かでゆったりした時間が流れています。

自転車でも走りやすく、景色もきれいなゆめしま海道。

そんな素敵な島々をみなさんにも体感していただきたく、雑誌で巡ったコースをたびたすの定期コースにしてみました。


古民家ゲストハウス汐見の家さんを見学したり、、、
b0360823_00174814.jpg
b0360823_00160872.jpg
※宿泊者の方がいらっしゃる場合は建物内の見学はできません。
外観のみの見学となりますので、予めご了承下さい。


Kitchen313kamiyugeさんに立ち寄ったり、、、
b0360823_23345321.jpg
b0360823_00123815.jpg


食堂まるふ農園さんでランチしたり、、、
b0360823_23354797.jpg
b0360823_23342061.jpg


宗兵衛窯さんで手ひねり陶芸体験したり、、、
b0360823_23363634.jpg
b0360823_00105565.jpg


海辺でのんびりしたり、、、
b0360823_23280797.jpg
b0360823_00091840.jpg


フェスパさんで温泉に浸かったり、、、
b0360823_23593082.jpg
1日たっぷり、ゆめしま海道を体感していただく内容になっています。

定期コース詳細はこちら
↓↓↓
島体感!ゆめしま海道のんびりサイクリング!


使用する自転車は!
もちろん、イギリス製折りたたみ自転車ブロンプトン!
b0360823_00032392.jpg
見た目より軽快に走りますよ~!


お休みの関係等で設定日は土曜日だけとなっておりますが、
ゆめしま海道オーダーメイドツアーも承っております。

例えば、、、
午前中はサイクリングをして、午後からはシーカヤック体験等、
ご希望に応じてコースをお作り致します。

ゆめしま海道で、
ゆったりと島時間を体感してみてはいかがですか!








[PR]
# by tabitasu | 2017-07-23 00:27 | ツアー | Comments(0)
梅雨も明け、暑い暑い夏がやってきました。

暑すぎると自転車に乗る方も少なくなってしまいます。

やっばり、夏は海のアクティビティ!

その気持ち、よ〜くわかります。(^^;

が、暑い時間帯を避けて、夕方からのサイクリングはオススメです。

何がオススメかといいますと、、、

夕暮れの瀬戸内の景色。

観光やサイクリングで来られ方のほとんどが、昼間に楽しまれて、陽が沈む前には尾道や今治に戻られたり、次の観光地や宿泊地に移動してしまいます。

瀬戸内の夕景を見ずに帰るなんて、なんてもったいないことか、、、^ ^

ほんとは島に泊まって、島をゆっくりのんびり満喫していただくのが一番なんですが、、(^^;

前置きが長くなりましたが、夕方からのサイクリングツアーを企画しました。

ツアー終了後は、JR尾道駅または尾道市内ホテルまで無料でお送りしますので、バスや船の時間を気にすることなく、瀬戸内の夕景を楽しんでいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓

夕景の瀬戸内を自転車でゆっくりのんびり走ってみませんか!
b0360823_13361432.jpg

[PR]
# by tabitasu | 2017-07-20 14:49 | ツアー | Comments(0)

早期予約特典

先日のブログでもご紹介しましたが、生口島の瀬戸田サンセットビーチに於いて、2017年8月11日(金)~8月13日(日)3日間、「瀬戸田映画祭」が開催されます。
b0360823_20522603.jpg
b0360823_20520903.jpg
映画だけではなく、ライブやイベントも行われます。

イベントの中のひとつとして、

瀬戸内案内舎たびたすが、サイクリングツアーを担当させていただきます。

ツアーはイギリス製おりたたみ自転車ブロンプトンを使い、のんびりゆったり楽しんでいただけるコースです。

サイクリングツアー詳細はこちらクリック
↓↓↓↓↓
【瀬戸田映画祭協賛特別企画】ブロンプトンで巡る!生口島満喫サイクリングツアー

7月31日までにお申込み下さった方には、

早期予約特典として!

映画祭オリジナルTシャツ
b0360823_20553282.jpg
または、、、

尾道帆布製サコッシュのどちらかを差し上げます!
b0360823_20550452.jpg
サコッシュは無地で、映画祭ロゴのタグが付きます。

ご参加お待ちしております。


この夏、生口島でゆったりのんびり島を感じてみませんか!
b0360823_21242281.jpg

瀬戸田映画祭にぜひお越しください!










[PR]
# by tabitasu | 2017-07-18 21:26 | ツアー | Comments(0)
7月9日
柑橘の島で収穫・蒸留体験&うさぎの島でゆったり散策!大三島・大久野島サイクリング!を催行しました。

大三島の「シトラス&アロマ島香房」さん、スポーツアロマトレーナーの新屋さんのご協力を得て、癒しをテーマにしたツアー。

今回、岡山からT様がご参加下さいました。

梅雨時期とあって、天気予報も傘マークが出ていましたが、なんとか雨も降らずに済みそうです。

まずは大久野島へ渡りサイクリング。

新屋さんはサイクリストで、ブロンプトンユーザーでもあり、今回のツアーでは一緒に走っていただきます。
b0360823_19035490.jpg



大三島盛港でブロンプトンの説明と練習を。
b0360823_21291840.jpg


T様は小径車は初めてだそうですが、日ごろロードバイクにもお乗りになるサイクリストなので、小径車にもすぐに慣れ、フェリーに乗り込み大久野島へ。
b0360823_19045712.jpg
b0360823_19055168.jpg



大久野島へ到着すると、さっそくうさぎさんのお出迎え。
b0360823_19084941.jpg
b0360823_19100027.jpg
b0360823_19104098.jpg
大久野島は周囲約4.3kmの小さな島なので、サイクリングだけだとあっと言う間ですが、、、
うさぎの可愛さで中々前へ進めません。

途中、雨がポツポツきたので、休暇村のカフェで小休止。
まだ、全然走っていませんが、、、、^^;
b0360823_19120147.jpg




うさぎのはな○ソフトクリームなるものをいただきました。
b0360823_19112832.jpg
これ、結構美味しいです。

b0360823_20210529.jpg
島をぐるっと一周して、うさぎに癒され島を後に。
b0360823_19130424.jpg


大三島盛港へ戻り、昼食場所の「Cafe典座」さんへ。
b0360823_18511965.jpg


地元で獲れた野菜を中心としたヘルシーランチ!
b0360823_21291294.jpg
美味しい食事とオーナーさんとの会話を楽しんでいただきました。


食後は島香房さんの柑橘畑へ。

プチグレン・レモンの収穫体験です。
b0360823_21192169.jpg

島香房代表の松田さんから説明を受けて、いざ畑の中へ!
b0360823_19012847.jpg


b0360823_21194217.jpg
b0360823_21202284.jpg
成長したレモンも収穫させていただきました。
b0360823_21200109.jpg
蒸留に使う葉や小さな実を収穫。


海沿いの道をブロンプトンで走り工房へ。
b0360823_19001752.jpg


島香房さんでは、水蒸気蒸留法で蒸留水や精油を抽出します。
b0360823_18502218.jpg
b0360823_21210775.jpg


蒸留前に収穫して葉や小さな実の皮をカットして前処理をします。
b0360823_21214755.jpg
b0360823_21220849.jpg
b0360823_21222910.jpg
b0360823_21224838.jpg



すでに工房の中はレモンのいい香りに溢れ、リラックスできてとても癒されます。
b0360823_21230558.jpg
b0360823_21240509.jpg
前処理をした葉や皮などを蒸留器に詰めて水を注ぎセット完了。

精油も抽出。
濾過紙に蒸留したものを注ぐと、精油だけが落ちていきます。
b0360823_21254180.jpg
どういう原理なのか不思議です。

b0360823_21261970.jpg
思ったよりも多く取れました。

みなさんが体験している間に1plus7さんへ行き、お土産に持って帰っていただく「ぽちのパン」さんの柑橘を使った「でこぽんパン」を購入。
イノシシレザー「Jishac」さんもお見えになってました。
b0360823_18524987.jpg
でこぽんパンの写真を撮るのを忘れてました。(・_・;)


工房へ戻ってみると、蒸留も終わり計量作業へ。

そしてボトリング。
b0360823_21281492.jpg
蒸留水が4本完成しました!

蒸留作業の後は、スポーツアロマトレーナー新屋さんによるハンドマッサージ。
b0360823_21284324.jpg
いい香りの中で、マッサージで癒していただきました。


収穫・蒸留体験、時間を忘れるほど夢中になれます。

ブログでは癒される香りがお伝えできないのが残念です。

ぜひみなさんも体験されてはいかがでしょうか。


T様、ご参加ありがとうございした。
b0360823_18494747.jpg
島香房さん・新屋さん、大変お世話になりました。



【ツアー協力】

シトラス&アロマ島香房  https://www.shimakobo-omishima.com/

新屋カイロプラクティック https://sinyachiro.jimdo.com/






[PR]
# by tabitasu | 2017-07-11 19:32 | ツアー | Comments(0)

7月7日 藍染め体験

7月7日
尾道市向島にある「海色空色工房」さんで、藍染め体験を見学してきました。
b0360823_19020531.jpg

体験される方々は、昨日たびたすツアーに参加して下さった、香港からお越しのC様3人組。

みなさん、倉敷の児島で藍染め体験をする予定でした。

しかし、昨日のサイクリングの途中で予約の電話を入れようとしたところ、すでに営業時間外で繋がらず。
C様が困っていたので、懇意にしていただいている「海色空色工房」さんへ連絡を。

作品展前のお忙し時にも関わらず、受けてくださることになり、C様達もとても喜んで下さり、
私も翌日はツアーが入っていなかったので、今後のツアーの参考に見学しておかなければと、
C様達とご一緒させていただく事に。

「海色空色工房」さんで体験させていただくのは、天然灰汁醗酵建ての藍染め(本藍染)
b0360823_19023657.jpg
化学薬品は一切使っていないので、体にも環境にも優しい藍染め。

今回は、バンダナを染めます。

工房代表で染めびと、梅阪さんの説明をみなさん真剣に聞き入ってます。
b0360823_21082661.jpg
b0360823_21210757.jpg
絞り

b0360823_21085906.jpg
板締め

b0360823_21274560.jpg
蝋けつ

染める方法にもいろいろあり、絞り方や板の位置を少し変えるだけでデザインが幾通りにも。
b0360823_21311315.jpg
イメージスケッチを描いてみたり、絞り方をやり直してみたり
みなさん、悩みながら楽しまれてました。

準備ができ、いよいよ染めに入ります。
b0360823_21333673.jpg
b0360823_19022607.jpg

5回ほど同じ作業を繰り返し、生地に染まったのを見計らって、今度は水でを洗い流します。
b0360823_19023288.jpg

洗い終わったら、絞っていた紐を切ったり、締めていた板を外します。

外して広げる瞬間が、不安でもあり楽しみでもあり、わくわくしながら広げていきます。
出来上がってみないとわからないところは、フィルム写真の現像に似てるかも。

b0360823_19111701.jpg
広げた瞬間、思わず拍手が!

そして、広げたものをもう一度水洗い。
b0360823_21403821.jpg

洗った後は脱水にかけ、アイロンをかけて完成!
b0360823_21462908.jpg
どれも素敵なデザインに!

蝋けつ染も
b0360823_19121372.jpg
b0360823_19120700.jpg
バッチリでした!


集中してたら、あっと言う間に3時間。
b0360823_19121895.jpg
みなさん、大満足の笑顔!

ひとつとして同じものができない難しさ。

でも楽しい!おススメです!

自分で作ったオンリーワンな一品。

みなさんも体験してみませんか!


海色空色工房さんの詳細はこちらを
↓↓↓
https://umiirosorairo.jimdo.com/
b0360823_19112279.jpg
梅阪さん、貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました!






[PR]
# by tabitasu | 2017-07-08 22:11 | スポット | Comments(0)

しまなみ海道を中心に瀬戸内エリアでサイクリング&ジョギングツアーを行う、瀬戸内案内舎たびたすのオフィシャルブログ


by tabitasu